食欲抑制剤であるリデュースを活用してカロリー制限を図りたいという女性の為のサイトです。

食欲抑制剤リデュースについて知ろう!有効成分や作用機序そして利用法を紹介します

ダイエットは自分との闘いです。しかし一人では負けてしまうかもしれません。そんな時に頼れる助っ人があります。それが食欲抑制剤です。食欲という根本的な部分に作用するため効果は絶大です。正しい効能や使い方を理解するれば効率的に痩せられるでしょう。

サノレックスは厚労省が認める薬です

食欲抑制剤の代表はサノレックスです。かつてはノバルティスファーマが製造していましたが、今は化粧品でもお馴染みの富士フィルム系で販売されています。現状においてジェネリックは登場していません。サノレックスの有効成分はマジンドールです。

古くから肥満治療薬としても用いられており、日本で唯一厚生労働省から承認を受けた薬です。そのため効果および安全性は一定のレベル以上にあります。使い方は1日1回1錠が基本です。運動や食事療法と併用すれば状況は改善しやすいでしょう。ただし最大3カ月までしか連続服用できません。

持病などがあれば、そちらの治療を優先することが第一条件です。

リダクティルはジェネリックの方が有名かも

リダクティルと聞いても、あまり耳馴染みがないかもしれません。つまりジェネリック薬のリデュースやスリメックスの方が、ネット検索ではヒットしやすいからです。他の名前のジェネリックでも売られていることがあります。これは何を意味するのか、有効成分であるシブトラミンの効果が多くの人たちから評価されている証拠です。

満腹感を生み出すことにより食欲を抑えます。残念なことに日本では未承認ですが、通販などで購入することは可能です。使い方は、午前中に1日1回服用します。安全性は確保されていますが、量と成果は比例しないので、決められた用量および用法を守ることが大切です。

食欲抑制剤リデュースについて知ろう!有効成分や作用機序そして利用法を紹介します

コントレイブはアメリカFDAが認めた最新型です

食欲抑制剤の原理は、基本的に脳内伝達物質の移動を調整することです。そのため新しい機序の薬が生まれにくいという現状があります。とはいえ長年の研究成果を示しアメリカのFDAから2014年に認められた最新型の薬がコントレイブです。ナルトレキソンとブプロピオンと呼ばれる2つの成分が相互補助的に働いて食欲を無理なく抑制していきます。

目安→リデュース http://www.ntp-k.org/medicine/mental/seroquel.html

糖尿病などの持病がある人でも体重減少効果があったと報告されています。服用方法は一週間ごと段階的に変えていきます。ちょっと面倒かもしれませんが、食事療法や運動を併用するとしっかり成果は見えてくるようです。

フルファストはスプレー式で使いやすい

ファッション誌でも取り上げられた食欲抑制剤はフルファストです。美容クリニックなどではスリーエフの名称で用いられることもあります。スプレー式なので使いやすいと評判です。有効成分はアフリカ原産のマメ科植物グリフォニアから抽出したL-5-ヒドロキシトリプトファンです。

天然由来成分なので重篤な副作用もなく、安心して使用できます。利用法は1日5回、食前や食間に舌の裏へスプレーします。口内の毛細血管から吸収させるタイプなので、散布後数分間は飲み込んではいけません。とはいえ即効的に食欲の低下を実感します。

サプリメントもありますが

食欲抑制を謳うタイプにはサプリメントもありますが、日本やアメリカの公的機関で承認されている医薬品の方が効果は期待できます。自分の目的、ライフスタイルなどの状況に応じて使い分けましょう。なおジェネリック薬は安価で購入できます。しかし有効成分が十分に含まれているか確認しましょう。

効果が実感できない場合は、違うタイプの薬を使ってみるのも一法です。

医師と相談してみましょう

食欲抑制剤は薬です。初めての人は、まず医師または薬剤師と相談しましょう。適切に使わないと効果が現れにくいからです。とはいえ自分に合ったタイプを見つけたら、通販なども利用してみましょう。

食欲抑制剤の種類を公開!日本で認可されているのは1種類

食欲抑制剤にはいくつかの種類があると言われていて、日本で認可されていないものも存在していると言います。食欲を抑える効果がある食欲抑制剤にはどんな種類があるのかを見ていきましょう。

食欲抑制剤の種類

食欲抑制剤には、日本で認可されているものでは、サノレックス(マジンドール)があります。日本で認可されていない未認可のものでは、リダクティル、メリディアがあります。おおよそのところ、代表的なものはこの3種類で、日本で認可されているサノレックスは、重度肥満症と診断された方に処方されることがあります。

類似している薬剤とは?

類似している薬剤とは?

肥満治療薬として食欲抑制剤と並んで使用されることがあるのが、脂肪の吸収を抑える肥満治療薬の、脂肪吸収抑制剤です。代表的な種類には、ゼニカルがあります。このゼニカルは、脂肪吸収酵素の働きを阻害する作用があり、摂取カロリーを大幅に減らす効果があるものです。

サプリメントなどでも食事から摂取したカロリーを何パーセントカットする、または脂肪の吸収を抑えるなどの作用があるものがありますが、これらは体にとっては、重篤な状態になるようなリスクや副作用がないことが共通しています。しかし、脂肪吸収抑制剤も薬品なので、簡単にサプリメントのようには入手できません。

食欲抑制剤はリスクもある

類似している薬剤の脂肪吸収抑制剤とは違って、食欲抑制剤は脳の摂食中枢に作用するために、食欲をコントロールできる代わりに、重篤な副作用の心配があります。そのため、使用はあくまでも高度肥満症の方に限られていて、医師の判断のもとで使用することが原則となっています。

標準体重の方が痩せたいために使用できないのは、こうした理由があるからです。