食欲抑制剤であるリデュースを活用してカロリー制限を図りたいという女性の為のサイトです。

リデュースやサノレックスは最も著名であり効果が高いとされる食欲抑制剤です

食欲抑制剤と聞いてまず思い浮かぶのはサノレックス(Sanorex)です。この分野では最も著名であり効果が高いと評判の代表的かつ老舗的な薬です。肥満治療薬として医療機関でも汎用されています。

■有効成分はマジンドールです
サノレックスは、かつてはノバルティスファーマが、現在は富士フィルムファーマが販売している、日本で唯一厚生労働省が認めている食欲抑制剤であり、有効成分はマジンドール(mazindol)です。覚醒剤に類似した機能によって食欲中枢へ直接働きかけます。

また快感物質でもあるアドレナリン、ドーパミン、セロトニンなどを、神経細胞が取り込むことを抑制します。ダブルの作用で食欲を抑えます。

■BMI35以上の人に対する効果があります
食事や運動だけでは制御が難しい、肥満の指数でもあるBMIが35以上の患者さんに対する効果が期待されます。もちろん医療機関で処方された際には、服用と同時に食事療法、定期的な運動メニューが同時に検討されます。ただし肥満の原因が他の疾患にある場合は、そちらの治療が優先されます。

またアルコールや薬物の依存症が疑われるケース、うつ病などの精神系疾患を持つ人への使用も注意すべきとされています。

■利用法は1日1回1錠が基本です
基本的な利用法は、1日1回昼食前に1錠(0.5mg)を服用します。睡眠障害を引き起こす可能性があるので、夕方以降に飲むのは控えましょう。1日最大服用量は1.5mgであり、この場合は3回程度に分けて使用します。習慣性があるので3カ月以上の連続投与は禁止です。

特に1カ月程度で何らの改善も見られないならば、中止すべきとされています。公に認められたマジンドールのジェネリック品は、現状において販売されていません。正規品を購入しましょう。

■最初は医師の診断を受けましょう
食欲抑制剤は、ある意味で最後の手段です。初めての場合には医師の診断を受けてからにしましょう。とはいえサノレックスの有効性は誰もが認めているので、試してみる価値はあります。

関連記事

コメントは利用できません。